第二種衛生管理者 過去問チャレンジ
 第一種衛生管理者の過去問はこちら     試験情報  
 
HPのtop >>  過去問チャレンジ 第二種       

問 5
労働安全衛生法に基づく所轄労働基準監督署長に対する手続きとして、誤っているものは次のうちどれか。

(1)衛生管理者を選任したときは、所定の選任報告書を提出しなければならない。

(2)常時50人以上の労働者を使用する事業者が定期健康診断を実施したときは、所定の結果報告書を提出しなければならない。
  
(3)総括安全衛生管理者を選任したときは、所定の選任報告書を提出しなければならない。

(4)常時使用する労働者が50人以上になったときは、産業医を選任し、所定の選任報告書を提出しなければならない。

(5)中央管理方式の空気調和設備を設けた事務室の作業環境測定を実施したときは、所定の結果報告書を提出しなければならない。

 

 

 

 

衛生管理者受験講習

情報提供:久松事務所

名古屋市中区金山2-10-2 セジュール金山201
tel 052-339-3431 ・ fax 052-339-3432

お奨めの教材

第二種衛生管理者試験
過去問チャレンジ

.関係法令

1 健康診断
2 安全衛生教育
3 衛生委員会
4 健康診断
5 手続き
6 気積
7 衛生管理者
8 休養の設備
9 労働基準法
10 労働基準法

2.労働衛生

11 空気環境
12 健康の保持増進対策
13 視環境
14 温熱環境
15 疾病休業統計
16 労働衛生教育
17 VDT労働
18 食中毒
19 心肺蘇生法
20 止血法

3.労働生理

21  感覚器系
22  呼吸器系
23  循環器系
24  神経系
25  運動器系
26  内分泌系
27  腎臓・泌尿器系
28  健康測定
29  代謝系
30  疲労