第二種衛生管理者 過去問チャレンジ
 第一種衛生管理者の過去問はこちら     試験情報  
 
HPのtop >>  過去問チャレンジ 第二種       

問 17
VDT作業の労働衛生管理に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

(1) 1日の労働時間のうち、どの程度VDT作業に従事するか等により作業形態を区分し、それぞれに適した労働衛生管理を行う。

(2) 視覚以外に、姿勢、騒音、作業時間その他種々の疲労誘発要因に対する対策が必要である。
  
(3) 単純入力型又は拘束型に該当するVDT作業については、一連続作業時間が1時間を超えないようにし、次の連続作業時間までの間に10〜15分の作業休止時間を設けるようにする。

(4) 作業による健康障害は、初期にはほとんど自覚症状がないので、眼の検査及び筋骨格系の他覚的検査により異常を早期に発見することが必要である。

(5) VDT作業による疲労には、種々の部位の局所疲労や、不快感を主とする精神的疲労がある。



 

 

 

 

衛生管理者受験講習

情報提供:久松事務所

名古屋市中区金山2-10-2 セジュール金山201
tel 052-339-3431 ・ fax 052-339-3432

お奨めの教材

第二種衛生管理者試験
過去問チャレンジ

.関係法令

1 健康診断
2 安全衛生教育
3 衛生委員会
4 健康診断
5 手続き
6 気積
7 衛生管理者
8 休養の設備
9 労働基準法
10 労働基準法

2.労働衛生

11 空気環境
12 健康の保持増進対策
13 視環境
14 温熱環境
15 疾病休業統計
16 労働衛生教育
17 VDT労働
18 食中毒
19 心肺蘇生法
20 止血法

3.労働生理

21  感覚器系
22  呼吸器系
23  循環器系
24  神経系
25  運動器系
26  内分泌系
27  腎臓・泌尿器系
28  健康測定
29  代謝系
30  疲労