トップページ労働契約法  
27年改正の特設ページを作成しました。
特設ページへ移動

平成27年改正にむけての経過

平成27年9月11日

本日の衆議院本会議で、可決され、成立となりました。

施行日は9月30日です。

 

平成27年9月9日

午前中の参議院本会議で、可決されました。

11日開催予定の衆議院本会議で可決されれば、成立となります。

改正法案の概要

 

平成27年9月8日

参議院の厚生労働委員会を通過しました。

明日は、いよいよ参議院本会議です。

施行日は条文に記載されていますが、「9月1日」を「9月30日」と修正することになりますので、参議院本会議を通過しても衆議院本会議で再度可決しなければなりません。

今週末が山場となります。

改正法案の概要

 

平成27年6月19日

衆議院本会議を通過しました。

参議院へ送られ、参議院での審議が始まります。

 

平成27年5月12日

衆議院本会議で審議入りしました。

本格的な審議は、衆議院厚生労働委員会で行われるのですが、初回は、5月13日に開催予定です。

厚生労働省の改正法案要綱を見やすく横書きにレイアウトし直した資料。概要だけでは分からない部分をぜひご確認ください。

 

平成27年3月13日

政府は、改正労働者派遣法を国会に提出しました。

前回の通常国会、臨時国会で廃案になった法案に、修正を加えた内容での再提出です。

提出された改正法案の概要

 

厚生労働省の特設サイト

労働者派遣法の見直しについて

 

平成26年11月14日

政府は臨時国会での労働者派遣法改正断念しました。

厚生労働省は、特設サイトまで作って気合を入れていたというのに、労働者派遣法はまたもや政治の駆け引きに翻弄されて改正ならず。

 

平成26年9月29日

臨時国会は、9月29日から始まりました。

改正法案は、通常国会提出時に法案の一部にミスがあり、廃案を余儀なくされたのですが、そのミスを修正して初日に臨時国会に提出されました。

いつ成立するのか? 施行日は案のとおりになるのか? 注目されるところです。

提出された改正法案の概要

 

平成26年6月20日

通常国会に提出された、労働者派遣法改正案は、審議に入ることなく廃案となりました。

政府は、次の臨時国会に新たな法律案として提出する模様です。

 

平成26年3月11日

厚生労働省は、国会に労働者派遣法改正法案を提出しました。

改正法案の概要

★労働者派遣法情報ブログはこちら

平成26年2月28日

労働政策審議会は厚生労働大臣に対し、改正法案要綱について「おおむね妥当と認める」と答申しました。

これを受けて、厚生労働省は、現在開催中の通常国会に改正法案を提出する予定です。

答申についての報道発表

 

平成26年2月27日

労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会では、改正法案要綱はおおむね妥当との判断で、翌日28日の職業安定分科会に送られました。

資料の一部に、新たな期間制限の在り方についてのイメージ図があります。

報道では、この部分のみが強調されることが多いのですが、今回の改正案では、「特定労働者派遣事業の廃止」などの既存の派遣会社に大きな影響を与えるものが含まれています。

 

平成26年2月21日

労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会で、改正法案要綱の検討が始まりました。

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律等の一部を改正する法律案要綱

 

平成26年1月29日

平成24年に改正されたばかりの労働者派遣法ですが、労働政策審議会は厚生労働大臣へ、「労働者派遣法改正」について建議し、次の改正にむけての動きが本格化し始めました。

労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会で、労働者派遣制度改正の内容が検討されてきましたが、内容について了承され、平成26年1月29日に報告書として公表されました。

労働者派遣制度の改正について(報告書)

 

------------------------------------------

→ 平成24年改正については、こちら

→ 平成24年改正法概要のまとめ

→ 改正の歴史

重要!!

1.労働者派遣とは

2.派遣の制限いろいろ

3.労働者派遣契約

4.派遣元

5.派遣先

6.派遣元と派遣先

7.紹介予定派遣

8.派遣事業を行うには

Copyright  Since 1996 Hisamatsu Office All rights reserved.