トップページ 労働者派遣法勉強室 27年改正労働者派遣法  

1.派遣事業の一本化

派遣事業の一本化

平成27年9月30日以後、一般労働者派遣事業(許可制)と特定労働者派遣事業(届出制)の区別は廃止され、すべての労働者派遣事業が許可制となります。

派遣事業の一本化

 

 

 

 

 

 

 

 

許可制と届出制

特定労働者派遣事業は「常用雇用型」と表現されるため、無期雇用の派遣労働者の会社だと思われていた方も多いかもしれませんが、3か月更新であっても1年以上雇用される「見込み」があれば良いことになっていました。

登録型の一般労働者派遣事業と大差無い雇用形態も見うけられたのです。

また、届出制のため、書類審査のみで開始することができました。

 

今後は許可制に一本化されるため、これまでの特定労働者派遣事業の事業者はあらためて「許可」を取らなくてはなりません。

許可を受ける際は、労働局の「現地調査」が行われますので、許可へのハードルは高いですね。

 

 

 

1.派遣事業の一本化

2.期間制限のルール変更

3.派遣元の義務追加

4.派遣先の義務

5.その他

Copyright Since 1996 Hisamatsu Office All rights reserved.