トップページ 労働者派遣法勉強室 27年改正労働者派遣法  

2.期間制限のルール変更

ルールの変更

自由化業務、いわゆる26業務の区別がなくなり、新しい期間制限のルールができます。

施行日以後に締結・更新される労働者派遣契約では、すべての業務に対して、派遣期間に2種類の制限が適用されます。

  1. 派遣先事業所単位の期間制限
  2. 派遣労働者個人単位の期間制限

例外・・・期間制限の対象外

次の場合は例外として、期間制限の対象外となります。

  1. 派遣労働者が派遣元で無期雇用されている場合
  2. 派遣労働者が60歳以上の場合
  3. 日数限定業務(定義は従来と同じ)の場合
  4. 有期プロジェクト等の場合
  5. 育児休業、介護休業等の代替要員としての派遣の場合

1.派遣事業の一本化

2.期間制限のルール変更

3.派遣元の義務追加

4.派遣先の義務

5.その他

Copyright Since 1996 Hisamatsu Office All rights reserved.