第一種衛生管理者試験
合格をめざして!
過去問題演習

top > A >

★17.熱中症


問 17

熱中症及び高温対策に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)高温環境の評価には、湿球黒球温度指数(WBGT)が用いられる。

(2)熱中症とは、高温環境への適応ができず、あるいは許容の限界を超えた場合に発症する障害の総称である。

(3)熱射病は、高温環境下での体温調節中枢の変調によるもので、発汗が停止し体温が上昇し、意識障害や呼吸困難などの症状がみられる。

(4)熱虚脱では、皮膚の血管が拡張して、循環血液が減少し、めまいや血圧低下などの症状がみられる。

(5)熱痙攣は、多量の発汗により失われた水分の補給が不十分なために生じ、血液中の塩分濃度の上昇、発熱、筋肉痙攣などの症状がみられる。


[9]この章のトップへ

[*]前へ
[0]トップページへ
[#]次へ

久松事務所