第一種衛生管理者試験
合格をめざして!
過去問題演習

top > D >

★36.呼吸


問 36

呼吸に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

(1)肺自体には運動能力がないため、呼吸運動は、主として呼吸筋と横隔膜の協調運動によって行われる。

(2)胸郭内容積が増すと、その内圧が高くなるため、肺はその弾性により収縮する。

(3)呼吸中枢は延髄にあり、ここからの刺激によって呼吸に関与する筋肉は支配されている。

(4)呼吸中枢が興奮性を維持するためには、常に一定量以上の二酸化炭素が血液中に含まれていることが必要である。

(5)一般に肺活量が犬きいと、激しい肉体労働を行うのに有利である。


[9]この章のトップへ

[*]前へ
[0]トップページへ
[#]次へ

久松事務所